メニュー

実践型:FSSC22000 Ver.5.1内部監査員講習(2日間) - フーズアーキテクト

セミナー一覧

実践型:FSSC22000 Ver.5.1内部監査員講習(2日間)

カテゴリ: 受付中 作成日:2022年10月27日(木)

 

・現地会場及びZoomによるオンライン配信形式で実施します。

・FSSC22000 Ver.5.1の規格解説だけでなく、要求事項を自分の言葉で理解するための個人ワークショップ、ある食品工場を事例としたグループワークショップによる模擬内部監査をメインとした実践形式の講習です。

・講習を修了し、力量が認められた方には、修了証を発行致します。

 

 講師:

   フーズアーキテクト株式会社 代表取締役社長 小川 賢

 フーズアーキテクト株式会社 シニアコンサルタント 遠部 裕司

 フーズアーキテクト株式会社 シニアコンサルタント 大西 槇緒

pc1 b

 

 

~本講習におけるポイント~

 

 FSSC22000運用において、効果的な内部監査を実施することは非常に重要なポイントですが、その第一歩として、「十分な力量を持った内部監査員を育成する」ことが必要です。

 

pc1 a

 FSSC22000には、ISO22000、ISO/TS22002-1、追加要求事項といった多くの要求事項があります。これら全ての要求事項を網羅した上で、外周、現場、文書類を確認し、内部監査を実施することは容易ではなく、「内部監査を効果的にするか、無駄な時間にしてしまうか」は、全て内部監査員の力量と準備にかかっています。

 

 規格要求事項を丸暗記しても、それだけでは効果的な内部監査ができません。事前に被監査部門の情報を収集し、しっかりと準備を行った上で内部監査を実施しなければ、「うわべだけの内部監査」になってしまい、改善には繋がりません。

pc1 c

  

 内部監査員が、自分ではない誰かが作成した内部監査チェックリストの質問項目をただ読み上げて被監査部門が回答する、毎年同じような質問と回答でマンネリ化し、何のために内部監査をやっているのかよくわからない、というような事はないでしょうか?

 

 そこで、弊社では、多数のFSSC構築中、FSSC運用中の企業様からのご要望をふまえ、現地会場及びオンライン配信形式でFSSC22000 Ver.5.1内部監査員講習を実施させて頂きます。

 

  内部監査員には、各要求事項について、

 「どのような質問をすべきか」

 「どのような文書や記録を確認すべきか」

 「どのような基準で、適合/不適合を判断すべきか」

を理解した上で、チェックリストをただ読み上げるのではなく、自分の言葉で被監査部門に質問できる力量が必要です。

 

 弊社の内部監査員講習では、規格要求事項の解説に加えて、個人ワークショップとしてチェックリストを作成しながら、他の参加者の結果も共有しながら、より効果的なチェックリスト作成を実践します。

 

 また、食品工場の事例をもとに、グループワークショップとして模擬内部監査を実施します。内部監査準備として、内部監査規定や内部監査計画の作成から始まり、対象となる食品工場や部門に関する事前情報収集を行い、監査部門と被監査部門に分かれて実践します。

 

 FSSC取組中で初めて内部監査を実施予定で不安を抱えている企業様、既にFSSC運用中で内部監査のマンネリ化を感じている企業様、新たに内部監査員を育成したい企業様・・・・など、是非、本講習を受講して頂き、効果的な内部監査実施に向けた第一歩を進めて頂きたいと思います。 

 

 

実施内容

・現地会場及びZoomによるオンライン配信形式で実施します。

対象者

・FSSC22000 Ver.5.1内部監査員力量の習得を目指されている方

募集人数

・15名

費用

1名 55,000円(税込)

日程及び会場

【日程】

2022年10月27日(木)10:00~17:00

2022年10月28日(金)10:00~17:00

 

【会場】

会場:神奈川県横浜市中区元浜町3-21-2 ヘリオス関内ビル 1階会議室

https://www.iso-hama.co.jp/company/access/

 

※新型コロナウイルス感染症対策について

①参加者様へのお願い事項

・発熱等の自覚症状がある場合や体調不良の場合は、無理をなさらず参加を慎重にご検討ください。

・マスクの着用をお願い致します。

・入場時には、非接触温度計による検温をお願い致します。

 (測定時に37.5度以上ある場合は、参加をお断りさせて頂く場合があります)

②会場における対策 

・定期的なアルコールによる、机、椅子等拭き上げ清掃

・一部扉の開放による換気

・机上用飛沫防止パネルの設置

・間隔をあけた座席配置 等

プログラム

 

時間概要

<1日目>

10:00~17:00

(休憩含む)

①内部監査とは?内部監査員に求められる力量とは?

・効果的な内部監査実施のポイント、内部監査員に要求される知識や経験等について解説します。

 

②FSSC22000 Ver.5.1概要解説

・FSSC22000 Ver.5.1規格要求事項の構成及び概要について、解説します。(ISO22000+ISO/TS22002-1+追加要求事項)


③ISO22000規格解説 + 【個人ワークショップ】

・ISO22000規格要求事項について解説しながら、各規格要求事項ごとで、

 内部監査時に、

 「どのような質問をすべきか」

 「どのような文書や記録を確認すべきか」

 「どのような基準で、適合/不適合を判断すべきか」

等について、個人ワークショップ形式で参加者ご自身で考えて頂きます。

検討結果を発表し、内容を共有しながら、各規格要求事項のポイントをしっかり理解した上で、内部監査チェックリストを作成していきます。

 

④ISO/TS22002-1規格解説 + 【個人ワークショップ】

・ISO/TS220002-1規格要求事項についても同様に、規格解説に加えて、個人ワークショップ形式で理解を深めながら、内部監査チェックリストを作成していきます。

 

⑤追加要求事項解説 + 【個人ワークショップ】

・追加要求事項についても同様に、規格解説に加えて、個人ワークショップ形式で理解を深めながら、内部監査チェックリストを作成していきます。

<2日目>

10:00~17:00

(休憩含む)

⑥模擬内部監査【グループワークショップ】

・ある食品工場を事例として、各グループで監査側/被監査側に分かれて、内部監査チェックリストをもとに、模擬内部監査を実施します。

・事例の食品工場に関する情報をもとに、内部監査の事前準備~実施~検証をグループで実施します。

~内部監査規定の作成~

~内部監査計画の作成~

~内部監査の実施~

~検証の実施~

 

⑦模擬内部監査結果の発表

・模擬内部監査の終了後、各グループごとに結果を発表し、内容を共有します。

 

⑧まとめ、修了テスト、クロージング

・内部監査におけるポイントについて整理し、まとめを行います。

・修了テストを実施し、力量を確認します。

 

環境要件

1.インターネットに接続できるパソコンがあり、Zoomに参加するためのカメラ、マイク、スピーカーが利用可能であること(パソコン付属のカメラ、マイク、スピーカーでも可)。

 

申込

入力が必須な項目です
入力が必須な項目です
入力が必須な項目です
入力が必須な項目です
必須項目です。
Eメールアドレスを入力してください。
Eメールアドレスが一致しません。
入力が必須な項目です。
入力が必須な項目です
入力が必須な項目です。
入力が必須な項目です
不正な入力です。
必須項目です。
不正な入力です。


 

Copyright © フーズアーキテクト All Rights Reserved.